中村天風人間学 われわれは地球という生命体の中の一つである

著:神渡良平

1,500円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    一回しかない人生をどう過ごすかは、個々の人間にとって、大きな課題である。人生には思うようにならない場面はしばしば起きるものだが、そのときどう対処するか。それによって自分の人生の主人公になれるか、負け犬になるかが決まる。幕末の思想家、佐藤一斎は名著『言志四録』で、「天下のこと、もと順逆なく、わが心に順逆あり」と喝破している。「順境や逆境は自分の外にあるのではなく、自分の内にある。自分の弱さに勝ってこそ、世の荒波を乗り越えていける」というのだ。私はこの言葉を引用して、聖光学院高校の野球部の選手たちを励ましている。天風先生は自分の弱さに打ち克つにはどうしたらいいか大いにヒントになる「心の運用の仕方」を語っておられる。今回も逆境を乗り越えてこられた方々が、天風先生の言葉を実際にどう応用したかを紹介した。

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/12/03Posted by ブクログ

      人間が逆境を乗り越えるには、心の力でしかない。
      逆に言えば、心の力を上手く使える人は、逆境を乗り越えることができる。

      こんなシンプルな法則だけど、実践できる人は少ない。
      この本には、こんな中村天風の...

      続きを読む
    • 2015/03/23Posted by ブクログ

      考え方に関して、とても勉強になった。
      中村天風さんの考え方に共感している自分がいた。
      ここから先の人生のきっかけとなるであろう一冊。

    [{"item_id":"A001523472","price":"1500"}]

    セーフモード