魔術士オーフェンはぐれ旅 女神未来(上)

著:秋田禎信 イラスト:草河遊也

693円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    累計1000万部を超えるライトノベルの金字塔!2019年シリーズ生誕25周年へ。「第四部」初の文庫化10か月連続刊行第7弾!未来の希望と過去の清算を胸にはぐれ魔術士たち、最後の決戦へ!【あらすじ】「どうして敵だと思うの?」 《女神再臨》を目指すカーロッタはローグタウンへの侵攻を始める。彼女に同調する革命闘士たち。迎え撃つ魔王オーフェンに残された選択肢は限られていた。半壊した戦術騎士団による決戦か、あるいは、はぐれ者――マヨールに託した《鋏》か。遠くの可能性に一縷の望みを繋ぐ。その一方、取り残されたラチェットたちの救出に向かうエッジが出会った謎の少女によって、原大陸は激しい変化の時を迎えるのだった。20年以上の長き過去の清算と 未来の希望を胸に、はぐれ魔術士は最終決戦へ!著者について●秋田禎信 (あきた・よしのぶ)1973年東京都生まれ。1991年『ひとつ火の粉の雪の中』でファンタジア長編小説大賞準入選を受賞し、作家デビュー。ライトノベルに限らず、 一般文芸、アニメノベライズ、PCゲームの脚本などにも活動の場を広げている。その他の著書『機械の仮病』『虐殺機イクシアント』『巡ル結魂者』 シリーズなど。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード