本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第四部「貴族院の自称図書委員VII」

著:香月美夜 イラスト:椎名優

1,101円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    ★2019年10月2日(水)よりTVアニメ放送開始!★「このライトノベルがすごい!2018&2019」2年連続1位!シリーズ累計200万部突破!(電子書籍を含む)【あらすじ】本好きのお茶会で昏倒したローゼマインはエーレンフェストに強制送還された。下町の面々との再会もあり、神殿での読書三昧に心はうきうき。冬の日々は穏やかに過ぎるように思えたが、聖典から謎の言葉と魔法陣が浮かび、引き籠もり生活は一変!貴族院二年生の終わりに向かって尋問会、聖典検証会議が続く上、見習いの名捧げ問題に直面。初参加の領地対抗戦を観覧中には、ダンケルフェルガーとのディッター勝負へ挑むことになるばかりか、表彰式をテロが強襲!卒業式を前に、ローゼマインはフェルディナンドと共に貴族院の騒乱を止められるのか!? 領地間の不穏な緊張感が高まる大人気ビブリア・ファンタジー最新刊!書き下ろしSSは卒業生二人の恋物語×2本、椎名優描き下ろし「四コマ漫画」収録!

    続きを読む

    レビュー

    4.6
    3
    5
    2
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/14Posted by ブクログ

      本好きの下剋上 第4部の7。

      貴族院2年生のローゼマイン。このあたりから、政変だとか、王の条件だとか、そんな話の伏線が散りばめられてきてますね。ああ、これはあれだな、とか、そういえば、これはこうだっ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/06/12Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/06/10Posted by ブクログ

      限定SS 『旅商人の依頼と冬の準備』オットー視点。キレイになったエーレンフェストの昨年との違いが、他領の商人からどう見えるかが興味深い。
      トゥーリやベンノのマインへの姿勢も伺える。

      『プロローグ』お...

      続きを読む

    セーフモード