【最新刊】漱石・子規往復書簡集

漱石・子規往復書簡集

和田茂樹編

1,034円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    夏目漱石と正岡子規は,明治22年,高等中学校の同級生として出会い,寄席の趣味をとおして親しくなった.その友情は子規が明治35年,35歳で亡くなるまで終生変わることなく続いた.漱石が批評を求めて子規に送った俳句と子規の添削を含め,その間に交わされた手紙を年代順に収録した.(解説=粟津則雄)

    続きを読む
    提供開始日
    2015/04/30
    連載誌/レーベル
    岩波文庫
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(8件)
    • 漱石・子規往復書簡集2018/04/21Posted by ブクログ

      もはや聖書。
      『墨汁一滴』『病床六尺』を読み乍らも、じわじわと明治35年9月に近付く毎に辛くなり、中座してこちらを読み始めました。結局一気に読んでしまった…

      当時から既に評価ある立場で活躍し乍ら、奢...

      続きを読む
    • 漱石・子規往復書簡集2010/04/07Posted by ブクログ

      内容が学生友達の身辺連絡から始まるのもあって正岡常規くんと夏目金之助くん往復書簡と書きたい雰囲気があり。ソコを楽しむ。手紙中の単語の解説はあるものの状況その他は年表のみという男前な作りで読む人を選びそ...

      続きを読む
    • 漱石・子規往復書簡集2006/09/05Posted by ブクログ

      資料というより趣味で楽しむために買っちゃいました。帝大生時代から正岡子規の死まで続いた筆まめなふたりの文通は、途中から涙無しでは居れません。

    開く

    セーフモード