監査役 野崎修平 1巻

原作:周良貨 漫画:能田茂

528円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

監査役は、会社内における取締役その他の業務及び財産を監査する。あおぞら銀行・地蔵通り支店閉鎖に伴い、支店長から同行の監査役に就任した野崎修平。それを機に、彼は銀行の改革を決意。混迷の続く金融業界に一石を投じ、不正の蔓延に歯止めを掛けるべく動き出す!!

続きを読む
  • 監査役 野崎修平 全 12 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    監査役 野崎修平 全 12 巻

    6,336円(税込)
    63pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューコメント(3件)
  • 2009/12/28

    ある日、監査役として役員に選ばれた野崎修平。
    彼を待ち受けていたのは、巨大銀行の中にある権力と闇の構造であった。

    そんな暗闇へひとり勇敢に、そして誠実に立ち向かう男
    監査役野崎修平の物語。


    非常...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2007/02/23

    監査役って聞いて難しいとか思わないで読んでみて☆銀行の仕組みをおもしろくわかりやすく読めるマンガ。
    一昔前の都銀が合併した頃の話を彷彿とさせるストーリー展開。
    大企業で働くモチベーションのあり方という...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2017/05/05

    不正があれば、それを正す、例えそれが頭取であっても。
    野崎監査役の戦いは続く。
    作者は、元銀行マンであった、とのこと。
    確かに、詳しいですね。

    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード