ウエディング・ストーリー2015 愛は永遠に

キャロル・モーティマー/ダイアン・ガストン/マーガリート・ケイ/エリザベス・ロールズ 翻訳:清水由貴子/さとう史緒/泉 智子/高木晶子

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    (1)放蕩伯爵と白い真珠キャロル・モーティマー/清水由貴子 訳1年前に亡くなった夫の喪が明け、公爵未亡人のソフィアは社交界に復帰した。自宅で開いた舞踏会に現れたのは、奔放な伯爵として悪名高いダンテ! 10年前、未婚のわたしにつきまとい、あろうことか唇まで奪った男性がなぜここに? 彼女の心はかき乱された。(2)ウェルボーン館の奇跡ダイアン・ガストン/さとう史緒 訳子爵のジェラルドは重い気分でウェルボーン館にやってきた。不慮の死を遂げた母親の遺言で、館に住む見知らぬ3人きょうだいの後見人を務めるはめになったのだ。事実を告げて早々に館を立ち去ろうとしたところ、驚くほど美しい長女ジュスティーンが現れ……。(3)シークの愛の奴隷マーガリート・ケイ/泉 智子 訳アラビアで父親の仕事を手伝うフランス人のジュリエット。乗っていた船が嵐で沈み、彼女はラシュアール王国の浜辺に流れ着いた。当地の部族に捕らえられ連行されたのは、光り輝く壮麗な宮殿。彼女は王国のプリンス、カリドへの贈り物にされてしまったのだ(4)悩める公爵エリザベス・ロールズ/高木晶子 訳“国王が決めた花嫁に難色を示す皇太子を説得せよ”法外な命令に、公爵のケスターは自邸の図書室でつぶやいた。「愛に基づかない、便宜上の結婚なんて最悪だ」新妻のリネットにそれを聞かれ、彼は青ざめた。実は自分も必要に迫られ、裕福な家の娘を娶ったから。

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/10/24Posted by ブクログ

      なんで続きが出ないんだろう?と思っていたキャロル・モーティマーのMIRA文庫の公爵未亡人シリーズの最終話がこちらに入っていたとは。コミックあとがき見るまで気づいてなかった… でも、短編すぎて前2作と違...

      続きを読む
    • 2015/09/08Posted by ブクログ

      キャロル・モーティマーのネームバリューに気を引かれるが、最近はホットなシーンばかりでいまいちぱっとしないと感じるが、その辺りは人の好みによりけりかな。
      一番おもしろかったのはダイアン・ガストンのハート...

      続きを読む

    セーフモード