【最新刊】霧雨が降る森 End Over End

霧雨が降る森

3冊

著者:朽葉つむぎ 原作:真田まこと イラスト:廻田武

1,100円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    病院に運ばれた須賀につきそい、夢の中でシオリは気づく。須賀くんが持っていたあの夜光石は何のため? もしかして、私の記憶を消すつもりだったの――?(第一話「一つの願い」) 二年前の、女子中学生失踪事件のことを話す佐久間。みんなが止める中、シオリは真相を調べ始める。全ては須賀のために。「私、須賀くんを諦めたくないの」(第二話「罪の闇路に」) 資料館で保管されていた古文書の解読を目指して『歴史保存会』が立ち上げられた。しかし一冊の資料の紛失から、恨みの怨念に冒されてしまったシオリに、須賀は――!(第三話「汚れしこの世の」) 「霧雨が降る森」ノベライズ版(上下巻)の「その後」を描いた、全三話。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/11/30
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ミステリー
    • 霧雨が降る森 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      霧雨が降る森 全 3 巻

      3,300円(税込)
      33pt獲得

    レビュー

    4
    11
    5
    4
    4
    5
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/05/23Posted by ブクログ

      グレーエンド感が…。
      まぁ両思いなわけだし、トゥルーエンドというやつなのだろうけれど。でも結局ヘビは彼らやこの村を許したかわからないし、この村が今後過疎を乗り越えられずなくなるのか、この森がどうなるの...

      続きを読む
    • 2016/04/26Posted by ブクログ

       読み進めるごとに読みやすく感じるようになってきた。文体に慣れていくからなのか。村の闇の歴史が解き明かされる後編、借り物。

       主役2人の、お互いを思いやるが故にどんどん墓穴掘ってるんじゃないか状態が...

      続きを読む
    • 2016/04/08Posted by ブクログ

      ゲームっぽいなと思ったらゲームのノベライズだった。

      記憶を消されてしまった少女と声を奪われて喋れなくなってしまった少年が、十年後、ふたたび〈約束の場所〉で出会う——
       「その森で二人は「化け物」と約...

      続きを読む
    開く

    セーフモード