【最新刊】うんこがへんないきもの

うんこがへんないきもの

1冊

作:早川いくを 絵:寺西晃

1,573円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    本書の内容はクソです! フンで爆撃(ばくげき)する鳥、フンに化(ば)ける虫、暗黒のフン地獄(じごく)……。変な生き物のうんこの世界を、52点のシュールな絵とともに紹介(しょうかい)。累計(るいけい)55万部「へんないきもの」シリーズ作者が4年かけたクソ真面目で笑える力作! ――穴(あな)からボットンと落ちるだけ。しかもくさい。生物の神経系(しんけいけい)や免疫機構(めんえききこう)は、あれほど高度なのに、なんで排泄(はいせつ)だけはこんなに適当(てきとう)なのだ。うんこよおまえは何者なのか。自然界(しぜんかい)のフシギに思わずうなる、ためになる一冊。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/04/30
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    4.1
    11
    5
    4
    4
    5
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/08/19Posted by ブクログ

      排泄を一見面白おかしく扱っているが確かな知識と愛がウンコに客観性をもたらしている。養分を生態系に循環させる手段の一つで、それぞれの生き物たちが活用している。
      ムシクソハムシ、トリノフンダマシ、ハイラッ...

      続きを読む
    • 2017/01/30Posted by ブクログ

      最初から最後までうんこな一冊。 この本を読むとうんこは不浄なものではない気がしてくる。実際そうなのだが、やっぱり汚い。でもうんこで世界を救えるかもしれないし、うんこで肥料ができるし、うんこが飲み物にな...

      続きを読む
    • 2015/08/12Posted by ブクログ

      必要に駆られて4類の本を読まねばならず手にした一冊。
      軽妙な語り口で綴られていく、うんこの話。
      嫌いな書き方じゃないですが、若干「ブログで書け」的な内容もあるので、其処が面白いと云える人には凄くお勧め...

      続きを読む
    開く

    セーフモード