【最新刊】依頼は殺しのあとに

依頼は殺しのあとに

著者:秋目人

671円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    勤務中に血を吐いて倒れるまでブラック企業で働いていた青年・南は、退職後、「楽をして生きる」をモットーにして、裏社会の団体から小金をせびって暮らしていた。 ある日、霊感商法の団体から金をせしめてホクホクしていたところを、シマを荒らされ怒っている暴力団に囲まれる。震えながら謝る南だったが、「安心しろ。殺したりはしない。死なない程度に痛いだけだ」と言われ、絶望する。 だが、その窮地を一人の男に救われる。冴えない風貌の彼は、南を勧誘するのだった。 「兄ちゃん、掃除って興味ある? にこにゃんハウスクリーニングで働く気はないか?」

    続きを読む
    提供開始日
    2015/04/23
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(2件)
    • 1巻
      2015/06/01

      企業の弱みを探っては小金をゆすり取っていた『南』は、霊感商法の団体から金をせしめたところを暴力団に囲まれる。その窮地に現れたさえない風貌の男が声を掛けてきた。
      「兄ちゃん、掃除に興味ある?」


      以前...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 1巻
      2014/05/31

      序盤はあまり面白くなかった。文章はあまり上手くは感じられず、もうひとつ乗り切れない。そんな感じで。
      中盤から背後で何か動いているのが見えてきて、見えている状況の裏を読んだり、誰が味方で誰が敵で、みたい...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード