【最新刊】マッキンゼー流 プレゼンテーションの技術

マッキンゼー流 プレゼンテーションの技術

1冊

著:ジーン・ゼラズニー 訳:数江良一 訳:菅野誠二 訳:大崎朋子

2,420円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『マッキンゼー流 図解の技術』の第2弾。今度はプレゼンを解説。単なる見た目が派手なプレゼンではなく、話し手のメッセージが聞き手の心と頭に届くプレゼンのノウハウを紹介。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/04/24

    レビュー

    3.6
    34
    5
    5
    4
    16
    3
    11
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/06/21Posted by ブクログ

      翻訳がいまいちだが、内容はそこそこ納得できる。
      会議体そのものの設定に少し触れるところがある。

      プレゼンテーションとは説得することである。承認を得ること、
      例として、「市庁舎裏庭を有毒廃棄物のゴミ捨...

      続きを読む
    • 2019/02/09Posted by ブクログ

      後半が中身が濃く、読む価値がある。
      プレゼンはいかに客観的にできるか、他人に伝わりやすいかどうかを考えた構成となっているかが大切だと思う。
      この本には、客観性及び相手にとってよいプレゼンを記述すると共...

      続きを読む
    • 2018/05/10Posted by ブクログ

      2018/5/10
      プレゼンテーションは説得である、その結果誰かの具体的なアクションに結びつくものである。
      状況を明確にして、綿密に準備をし、実施技術を高めればプレゼンテーションは成功する。
      状況とは...

      続きを読む
    開く

    セーフモード