七日間の囚人

完結

夜光花 イラスト:あそう瑞穂

565円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

ベッドしかない密室に、全裸で監禁されてしまった!? 鷺尾要(さぎおかなめ)が目覚めた時、隣には同じく全裸で眠る同僚の長瀬亮二(ながせりょうじ)が!! しかも、手錠で繋がれて離れられない。日頃から、からかうように口説かれていた要は、実は亮二が嫌いだった。いつ犯されてもおかしくない状況に、警戒心を募らせる要。一体、誰が何のために仕組んだのか──。眠ることすら許されない、絶体絶命スリリング・ラブ! ※本文にイラストは含まれておりません

続きを読む

レビュー

  • 2007/10/18Posted by ブクログ

    これはツボでした.好きな人は好きでしょう!!ラストにも驚きますが,ほんとにドキドキわくわくムラムラ(笑)な一冊です.

  • 2009/08/05Posted by ブクログ

    読むのに躊躇するほどではない
    監禁モノです。
    映画『SAW』を思い出させた冒頭

    ここはどこ?
    何でコイツと鎖で?裸で?

    最低限の食料だけは確保されるものの
    その食料に、催淫剤、睡眠薬が
    しこまれた...

    続きを読む
  • 2007/07/09Posted by ブクログ

    発売前の仮タイトル「アストレイアの秤」の方が私は良かったような気がする。これは続編で攻めの本性を教えてあげないと私は納得できないかも…という終わり方です。ぜひ続編を希望します。本性を知って距離を置こう...

    続きを読む
開く

セーフモード