星野佳路と考えるファミリービジネスマネジメント

著:星野佳路

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    経営者15人でつくる新しい教科書ファミリービジネスは家族と会社が重なり合う点に特徴があります。日本経済の大きな部分を占めますが、規模が小さく経営改革が遅れているケースが目立つため、そのメカニズムには未解明な点が多数あります。星野リゾートの星野佳路氏は「ファミリービジネスの経営者」という強い自覚を持っています。星野氏がコーセー、ゼビオ、日本交通をはじめとした同じファミリービジネスの経営者と語り合うことなどを通じて、活性化に必要なメソッド、ノウハウを検証します。

    続きを読む

    レビュー

    • 2018/05/08Posted by ブクログ

      201805/

      事業の立ち上げには経営者としての能力、知識などを越えたリスクが存在します。成功には運も必要で、それだけ難易度も上がります。一方、ファミリービジネスには先代までに築いた基盤があり、後継...

      続きを読む
    • 2014/10/16Posted by ブクログ

      ファミリービジネスに関する本って確かに少ないし、あまり注目もされない。しかし、親から事業を継承するひとが身近にいるようになってから興味をもちました。我々凡人の他人から見ると、親が社長って羨ましく思うし...

      続きを読む
    • 2014/02/16Posted by ブクログ

      日本に多く見られるファミリービジネス、いわゆる「家業」にスポットを当てて書かれている。

      ビジネス書は多くあれど、この手の種類の本はあまり見たことがなく、内容が考えてる現状に重なる部分があったので購入...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001521583","price":"1760"}]

    セーフモード