未来を変えるためにほんとうに必要なこと ― 最善の道を見出す技術

著:アダム・カヘン 監訳:由佐美加子 訳:東出顕子

1,980円(税込)

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください。

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    どうすれば私たちは変われるのだろう?リーダーシップ、組織開発、マネジメント、コーチングなど、多分野で関心が高まるほんとうに有効な「変化の起こし方」とは? 伝説のチェンジ・エージェントからのメッセージ。だれも一人では何もできない。あらゆる問題のカギは、人と人の「関わり方」にある。――家庭でも、職場でも、社会でも、私たちは、さまざまな問題に直面する。それは一つの正解がある問題ではないし、一人で解決できるものでもない。最善の道を見出したいなら、まず自分自身の「人との関わり方」を問い直そう。本書は、南アフリカの民族和解をはじめ数々の社会変革を導いてきたアダム・カヘン氏が、人と人の関係性を大きく変え、ともに望ましい未来をつくりだす方法を語った一冊。「力」と「愛」のバランスというシンプルかつ奥深い視点から、一人ひとりが実践できる「未来の変え方」が見えてくる。

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2011/02/25Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2012/01/28Posted by ブクログ

      原書のタイトルが『Power and Love』といって、冒頭のキング牧師の引用が、この本のすべてを語ります。

      愛なき力は暴力であり、力なき愛は無力である。
      ーキング牧師

      よくこの対決を日常の至...

      続きを読む
    • 2017/05/03Posted by ブクログ

      南アフリカの民主化にむけて大きな力となった伝説のワークショップを担当したファシリテーターの新著。

      しばしば、対立概念でとらえられる力と愛であるが、それは補完的なものである。愛のない力、力のない愛で...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001521565","price":"1980"}]

    セーフモード