【最新刊】安倍総理は「イスラム国」に屈したのか

安倍総理は「イスラム国」に屈したのか

高橋和夫

110円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    後藤健二さんを救う術はなかったのか。安倍政権はイスラム国に屈しないというだけで何の手も打たなかったのではないか。トルコ、ヨルダン政府は何をして何をしてくれなかったのか。中東問題の第一人者と検証する日本人人質事件の大メディアが伝えない真実とは。●イスラム国の日本人殺害事件は全容を明かし十分な検証が必要●イスラム国情報が官邸にはなかった●大手ジャーナリズムの仕事の放棄●安倍総理はもっと外交を語るべきだ●イスラム国に内部崩壊の兆し●アメリカとイランは核開発問題で決着?●欧州の社会問題が中東の画面に映る

    続きを読む
    ページ数
    42ページ
    提供開始日
    2015/04/24
    連載誌/レーベル
    e-ノンフィクション文庫

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する

    セーフモード