かくりよの宿飯 九 あやかしお宿のお弁当をあなたに。

著者:友麻碧 イラスト:Laruha

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    黄金童子に導かれ、葵は文門の地へ辿り着く。そこにはいつもと変わらないように見える大旦那の姿があった。八葉夜行会までの束の間の時を、穏やかに過ごす二人。大旦那はそこで、ひとつの提案を葵にするのだった。

    続きを読む
    • かくりよの宿飯 全 10 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      かくりよの宿飯 全 10 巻

      6,974円(税込)
      69pt獲得

    レビュー

    • 2020/07/11Posted by ブクログ

      かくりよの宿飯第3弾

      5巻→9巻→10巻→8巻→6巻→7巻→3巻と、また変な順番になってしまった。だって、チラ読みしたらパンがものすごくおいしそうだったんだもん……。

      葉鳥さん初登場の巻(おまけで...

      続きを読む
    • 2017/12/13Posted by ブクログ

      Tさんのおすすめ。

      やられた。
      主人公、ではなく主人公のお祖父さんに。
      妖を見るだけでなく倒す力もある、風来坊のような男。
      面白いことには目がなく、いい加減で、でも懐が深い。
      それは妖だろうが人間だ...

      続きを読む
    • 2020/07/06Posted by ブクログ

      葵が、これまで働いていた天神屋の「夕がお」から攫われ、ライバル宿 折尾屋で奮闘するお話。
      折尾屋で儀式に必要な物を集める際に出てきた天狗の松葉と葉鳥の親子喧嘩話や、磯姫と乱丸、銀次の昔話など、とても面...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002019555","price":"660"}]

    セーフモード