かくりよの宿飯 九 あやかしお宿のお弁当をあなたに。

著者:友麻碧 イラスト:Laruha

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    黄金童子に導かれ、葵は文門の地へ辿り着く。そこにはいつもと変わらないように見える大旦那の姿があった。八葉夜行会までの束の間の時を、穏やかに過ごす二人。大旦那はそこで、ひとつの提案を葵にするのだった。

    続きを読む

    レビュー

    4
    4
    5
    1
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/04/22Posted by ブクログ

      今まで謎として残されていた部分が判明。
      次で終わってしまうようだ。
      最後の最後にとてつもない困難が待ち受けてそうだけど
      一人じゃない、頑張れよ!
      続きが待ち遠しい。

    • 2018/12/06Posted by ブクログ

      かくりよの宿飯の第九弾。

      手毬河童は置いてきぼり?
      いよいよラブストーリー大詰めには不要ってこと?

      文門の地で、春日の祖母で八葉のひとり、夏葉に学生や子供たちの食事を頼まれ、
      再会した大旦那と料理...

      続きを読む
    • 2018/11/05Posted by ブクログ

      今まで隠されていた中核の謎が明らかになる巻。それに伴って、大旦那様の優しさや強さを感じることができます。葵ちゃんも自分の気持ちに気づき、ラストに向けて走り始めようとするクライマックス前夜の穏やかな日々...

      続きを読む
    開く

    セーフモード