21世紀の資本

著:トマ・ピケティ 訳:山形浩生 訳:守岡桜 訳:森本正史

4,840円(税込)
1%獲得

48pt(1%)内訳を見る

この本はアプリ専用です

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ≪資本収益率が産出と所得の成長率を上回るとき、資本主義は自動的に、恣意的で持続不可能な格差を生み出す≫ 経済的格差は長期的にどのように変化してきたのか? 資本の蓄積と分配は何によって決定づけられているのか? 所得の分配と経済成長は、今後どうなるのか?決定的に重要なこれらの諸問題を、18世紀にまでさかのぼる詳細なデータと、明晰な理論によって解き明かす。格差についての議論に大変革をもたらしつつある、世界的ベストセラー。「本年で、いや、この10年で、最も重要な経済学書になると言っても過言ではない」ポール・クルーグマン(プリンストン大学教授)、「地球規模の経済的、社会的変化を扱った画期的著作だ」エマニュエル・トッド(フランス国立人口統計学研究所)、「時宜にかなった重要書だ」ジョセフ・スティグリッツ(コロンビア大学教授)、「かれの解決策に賛成するにせよ、しないにせよ、資本主義を資本主義から救おうとする人たちにとって正真正銘の課題だ」ダニ・ロドリック(プリンストン高等研究所教授)、「この事実の確立は、政治的議論を変化させる、ノーベル賞級の貢献だ」ローレンス・サマーズ(ハーヴァード大学教授)、「かれの研究が、スマートな人たちを富と所得格差の研究に惹きつけることを望む」ビル・ゲイツ、「情報の豊かさがすばらしい」ロバート・シラー(イェール大学教授)

    続きを読む
    • 21世紀の資本 全 1 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      21世紀の資本 全 1 冊

      4,840円(税込)
      48pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    レビューコメント(100件)
    • 2018/10/30

      フランス人経済学者による、資本主義について書かれた本。
      著者は、r>gという不等式を使って、過去に蓄積された富が、労働賃金の成長より上回ることを問題視している。フランスをはじめ、イギリス、ドイツ、イ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2015/01/01

      延べ20時間ほどかかり、トマ・ピケティの『21世紀の資本』を読了した。話題になっているだけあり、確かに素晴らしい仕事。この本の卓越した点は、様々な国の資産・所得・税等に関する定量的なデータを200年間...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2015/01/12
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード