【最新刊】外交ドキュメント 歴史認識

外交ドキュメント 歴史認識

1冊

服部龍二著

902円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    歴史教科書,靖国参拝,「従軍慰安婦」……様々な利害が絡み合う歴史認識問題.しかしそこには,関係悪化と修復とを繰り返してきた東アジア国際関係の複雑な歩みが存在した.日本政府は歴史認識問題とどのように向き合い,中国・韓国とどのように対話してきたのか.その過程を丁寧にたどり,日本の立ち位置を明らかにする.

    続きを読む
    提供開始日
    2015/04/16
    連載誌/レーベル
    岩波新書
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    3.8
    12
    5
    1
    4
    8
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/11/29Posted by ブクログ

      日中、日韓の歴史認識における問題を外交ドキュメントから振り返る。外交では、どちらか一方だけが正しいということはなく、双方が謙虚に相手の立場も配慮していかないといけない。文章の末尾に、「自国が納得するこ...

      続きを読む
    • 2016/12/03Posted by ブクログ

      主に中国、韓国との歴史教科書問題と従軍慰安婦問題をめぐる歴史認識の外交の歴史を膨大な資料の中からまとめあげている。戦後途中の靖国神社へのA級戦犯の合祀などは国民として知っておくべきことだろう。とはいえ...

      続きを読む
    • 2016/08/21Posted by ブクログ

      教科書問題から、従軍慰安婦、靖国問題と日中・日韓関係の外交史を検証する。
      加害国と被害国の関係を修復するには時間をかけるしかない。いじめと一緒で、ポイントになるのは被害を被った方が、どう感じるかが優先...

      続きを読む
    開く

    セーフモード