【最新刊】マジックの心理トリック ──推理作家による謎解き学

マジックの心理トリック ──推理作家による謎解き学

著者:吉村達也

792円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    タネや仕掛けがわかっても、話術と視点の違いで騙されてしまう。ミステリの謎解きやトリックの造型は、そういう意味でマジックと非常に近い。観客側から描くマジック評論。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/04/10
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    • 2013/06/17Posted by ブクログ

      マジックに対して真摯に取り組むアマチュアマジシャンであり、かつ推理食説作家でもある著者が、マジックの魅力を説く一冊。

      マジックの指南書や暴露本ではないので、もって回った言い方が目立つが、それ以外は非...

      続きを読む
    • 2014/03/01Posted by ブクログ

      自身もマジックが大好きなミステリ作家・吉村達也氏が、手品になぜ驚くのか、タネ明かしは悪いことなのか、トリックが全てではない手品師の技巧についてや本当のマジックの魅力についてわかりやすい文章でつづった一...

      続きを読む
    • 2018/10/23Posted by ブクログ

      最初は、確かに心理トリックの解説が主であり、結構楽しめたが、やはりトリックのタネ証をせずに、真理的な問題にのみフォーカスを当てること自体に無理があり、だんだんと「タネはどうなってるんだよー」という感じ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード