【最新刊】火刑法廷〔新訳版〕

火刑法廷〔新訳版〕

ジョン・ディクスン・カー/加賀山 卓朗

825円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    広大な敷地を所有するデスパード家の当主が急死。その夜、当主の寝室で目撃されたのは古風な衣装をまとった婦人の姿だった。その婦人は壁を通り抜けて消えてしまう……伯父の死に毒殺の疑いを持ったマークは、友人の手を借りて埋葬された遺体の発掘を試みる。だが、密閉された地下の霊廟から遺体は跡形もなく消え失せていたのだ! 無気味な雰囲気を孕んで展開するミステリの一級品

    続きを読む
    提供開始日
    2015/04/07
    出版社
    早川書房
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    • ネタバレ
      2012/02/29Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2012/11/06Posted by ブクログ

       探偵小説の巨匠、ディクスン・カーの作品。
       
       デスパード家当主マイルズ・デスパードが死亡した。かかりつけ医は自然死と判断したが、マークはマイルズの部屋の現状から、砒素による毒殺を疑う。果たして、確...

      続きを読む
    • 2015/07/06Posted by ブクログ

      ミステリ史上に残る傑作。

      この作品最大の魅力は、人間消失などの複雑怪奇な謎の論理的解決と同時に、相反する非論理的なオカルティズムを融合させ、見事に成立させてしまったところにある。

      エピローグを読み...

      続きを読む
    開く

    セーフモード