小公女(新潮文庫)

フランシス・ホジソン・バーネット/畔柳和代/訳

649円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    暗い冬の日、ひとりの少女が父親と霧の立ちこめるロンドンの寄宿制女学校にたどり着いた。少女セーラは最愛の父親と離れることを悲しむが、校長のミス・ミンチンは裕福な子女の入学を手放しで喜ぶ。ある日、父親が全財産を失い亡くなったという知らせが入る。孤児となったセーラは、召使いとしてこき使われるようになるが……。苦境に負けない少女を描く永遠の名作、待望の新訳!

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード