【最新刊】経済で読み解く 大東亜戦争 ~「ジオ・エコノミクス」で日米の開戦動機を解明する~

経済で読み解く 大東亜戦争 ~「ジオ・エコノミクス」で日米の開戦動機を解明する~
1冊

著:上念司

950円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    「大東亜戦争」とは何だったのか?“地政経済学”で「日米開戦」の謎を解く!日本は70年前も「資本主義」の強国だった!! 「金本位制」復帰による「世界恐慌」で瀕死の欧米、「共産革命」のソ連&中国……。「第一次世界大戦」から「大東亜戦争」「高度経済成長」まで、グローバル経済の荒波に立ち向かった日本の苦闘を“経済的視点”で描く。「経済」がわかれば、「戦争」がわかる!戦後70年睦月に贈る、著者渾身の書下ろし!!日本はなぜ「大東亜戦争」に突入したのか ■ 「軍部台頭」というファンタジー ■ 「昭和恐慌」の真因は“インフレ”ではなく“デフレ” ■ 「戦争をすると儲かる」は本当か? ■ 「金本位制」の致命的欠陥 ■ 金本位制絶対派 vs. 元祖・リフレ派 ■ 経済には「絶対に逆らえない掟」がある ■ 戦前にもあった「日本ダメ論」 ■ 経済政策の間違いが「大東亜戦争」を招いた、他

    続きを読む
    提供開始日
    2015/04/03

    レビュー

    4
    14
    5
    5
    4
    5
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/05/26Posted by ブクログ

      このシリーズのいつものごとく、タイトルに出てくる大東亜戦争への流れは後半の終わりの方まで出てきません。

      第一次世界大戦までの世界の情勢と経済の変動から大戦後の各国の動き、『金本位制』の始まりとそこか...

      続きを読む
    • 2019/05/21Posted by ブクログ

      ニュースzapにゲスト出演してた。
      著者は中央大学法学部法律学科卒業。大学時代は弁論部の辞達学会に所属。
      どうりで話しがうまいわけだ。

    • 2019/03/04Posted by ブクログ

      「金本位制」に着目しながら、1900年代前半の世界史を分析しています。
      中学、高校で学ぶ世界史、日本史は、歴史の流れを思想・宗教などに基づいて理解しようとしますが、本書は経済の観点から説明を試みており...

      続きを読む
    開く

    セーフモード