「意識高い系」という病 ~ソーシャル時代にはびこるバカヤロー~

著:常見陽平

649円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ソーシャル時代にはびこる「意識高い系」とは何か?「意識高い系」と呼ばれる人々の存在をご存じだろうか?数年前からネットスラングにもなった、この「意識高い系」という言葉は、セルフブランディング、人脈自慢、ソー活、自己啓発など、自分磨きに精を出し、やたらと前のめりに人生を送っている若者たちのことを指す。なぜ彼らは、「なりたい自分」を演出し、リアルな場やネット上で意識の高い言動を繰り返すのだろうか?本書は、相互監視社会やコミュニケーション圧力、ソー畜といった現代における諸問題から、「意識高い系」が生み出された原因を追及し、「なりたい自分」難民の若者たちに警鐘を鳴らす。

    続きを読む

    レビュー

    • 2017/12/24Posted by ブクログ

      僕のやってる異業種交流会は実質コンパですから…
      なんて言い訳しなくても意識高い系ってSNSの流行からフツーになりましたよねσ^_^;

      今も昔も自意識高いマウンティングしないと気が済まない人っていたわ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2012/12/29Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2013/04/16Posted by ブクログ

      最後の常見さんの語りで泣いてしまった。
      意識高くしなきゃと思ってたけど、そうじゃなくていいんだと思ってほっとしました。
      理想論を語られることが多い中で常見さんは現実をきちんと捉えようとするところが好き...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001518484","price":"649"}]

    セーフモード