【最新刊】<試読版>普通の社員が成果を出す 分析の決め技7(日経BP Next ICT選書) 日経情報ストラテジー専門記者Report(10)

普通の社員が成果を出す 分析の決め技7(日経BP Next ICT選書)

無料あり

2冊

著:佐竹三江 著:西村崇 著:山端宏実 著:小林暢子 編:日経情報ストラテジー

0円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※本書は試読版です。「日経情報ストラテジー」専門記者のデータ分析経営レポート(10)本書の平均読了時間約17分(約10,400字) 「データ分析の仕事は専門家の仕事」と思ったら大間違いだ。 企業でパソコン1人1台体制が進んだその昔、ITリテラシーの重要性が叫ばれた。パソコン操作を他人任せにせず、自分で使いこなせるようになることが課せられた。 それと同じことだ。今やデータを仕事に上手に生かすための基本的な素養「データリテラシー」を身に付けることが、ビジネスパーソンの“必修科目”になった。 企業は、普通の社員がデータを分析し、仕事で成果を出せるようにするための工夫を凝らす必要がある。ただし、高度な分析スキルは不要だ。統計学や分析手法などの基本を教えれば十分。既に実践している企業の取り組みなどから、7つの決め技を紹介しよう。※本書は日経情報ストラテジー2014年5月号の特集記事「高めよう!データリテラシー」をスマホ向けに再構成したものです。【目次】決め技1 プロを招き少数制集団指導 演習形式で統計学を教える決め技2 需要予測はITにお任せ 現場に提供するデータを絞る決め技3 情報共有インフラが要 検索性を高める工夫を決め技4 エクセルの基本を改めて学ぶ スキルの“ばらつき”をなくす決め技5 簡単分析ツールを積極活用 知名度なんて気にしない決め技6 データ項目を統一しよう 事前準備の重要性を“実感”決め技7 外部のサービスを上手に使う 丸投げと過剰な期待は禁物

    続きを読む
    提供開始日
    2015/04/03
    出版社
    日経BP
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード