知覧いのちの物語(きずな出版) 「特攻の母」と呼ばれた鳥濱トメの生涯

著:鳥濱明久

1,500円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    いまから70年前―太平洋戦争の過酷な環境の中、鹿児島の「知覧」という町に、誰よりも命と向き合い、愛に生きた人がいた。その人の名は「鳥濱トメ」。この物語は、「特攻の母」と呼ばれたひとりの女性の波乱の人生と、この国の未来を思い飛び立っていった特攻隊員たちを描いた、小説でもドラマでもない、真実の物語。祖母トメの意志を継いだ実孫・鳥濱明久が、戦後70年のいま、語り継ぐ。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/01/21Posted by ブクログ

      一度は知りたかった知覧のこと、もっと重くなるかと思ったが、鳥濱トメ、そして孫の視点でまとめられているので良い意味で客観的に見れた。この地を知り、学び続けたい。

    [{"item_id":"A001518315","price":"1500"}]

    セーフモード