乙女を愛した悪魔 【公爵家に生まれて I】

クリスティン・メリル 翻訳:大谷真理子

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    彼女を愛するのは、悪魔の咎。兄と慕う彼への愛は、永遠。 僕が孤児院から引き取られてきたというのは嘘だったのか……。育ての親と思っていたソーン卿に実の親だと聞かされたとき、サムは共に育ったイーブリンへの想いを断ち、屋敷を去ることを決めた。まさか血のつながった妹を愛していたとは。僕はなんと罪深い悪魔なのだ! 6年後――サムが帰ってきた。再会を待ち侘びていたイーブリンはしかし、今はセイント・オールドリック公爵に求婚されている身。いっそサムが私をさらってくれたら……。なのに、なぜ彼は私に冷たいの? そんな折、彼女は驚くべき事実を父に告げられる。なんとサムはセイント・オールドリック公爵の異母弟なのだという。高貴な出自をサム本人に明かしてほしいと懇願するイーブリン。だが、父は言った。おまえが公爵の求婚を受け入れるならば、と。 ■印象的なプロットで傲慢貴族と一途で健気な乙女の恋を描き、一躍人気作家に躍り出たクリスティン・メリル。本2部作では、運命に翻弄される公爵家の兄弟の物語を圧倒的筆致で綴ります。罪深き愛に懊悩する弟と、完全無欠の兄――予測不能な展開に乞うご期待!

    続きを読む

    レビュー

    • 2015/08/03Posted by ブクログ

      公爵家の異母兄弟の2部作です。
      悪魔と邦題はありますが、悪魔っぽくありません。原題からわかるように罪深き業に苦しむ(と思い込んでいる)ヒーローの苦悩とそれに振り回されるヒロインという構図。
      イーブリン...

      続きを読む
    • 2015/06/30Posted by ブクログ

      出生の秘密を明かせばいい方に進むかもと無邪気に考えるイーブリンはやっぱり箱入り。
      サムの言動は人間くさくて読者的にはわかりやすい。
      イーブリンと血のつながりがないとわかった後、反動なのかえらい強気にな...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001518101","price":"770"}]

    セーフモード