相楽総三とその同志

長谷川伸

1,705円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    作家・長谷川伸は幕末の「赤報隊」隊長・相良総三の軌跡を追い、草莽の志士たちの生死をたどることで「歴史」というものの姿をあらわしました。明治維新について記された書物はあまたありますが、その叙述の志の高さにおいて本書をこえるものはまずないでしょう。軽薄で声高な「改革史観」がはびこりつつある昨今、「偽官軍」の悲劇をあますところなく描いた本書がふたたび多くの読者に迎えられることを切望します。(講談社学術文庫)

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(1件)
    • 2020/12/19



      長谷川伸
      相楽総三 とその同志

      相楽総三と赤報隊を調査記録した本

      *賊として処刑された相楽総三の汚名をはらすための孫の調査記録
      *相楽総三の壮絶な刑死の記録など

      相楽総三の汚名をはらすために...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード