ニンジャスレイヤー第1部 ネオサイタマ炎上1

著者:ブラッドレー・ボンド+フィリップ・N・モーゼズ 翻訳:本兌有+杉ライカ 画:わらいなく

1,296円(税込)
ポイント 12pt

通常ポイント:12pt

ニンジャ抗争で妻子を殺されたサラリマン、フジキド・ケンジ。彼自身も死の淵にあったそのとき、謎のニンジャソウルが憑依。一命をとりとめたフジキドは「ニンジャスレイヤー」――ニンジャを殺す者となり、復讐の戦いに身を投じる……!! 原作者から権利を取得した翻訳チームにより、Twitter上での翻訳連載が開始された「ニンジャスレイヤー」。強烈な言語センスを忠実に訳した翻訳は「忍殺語」とも呼ばれ、中毒者を生み出し続けてもはや相当にスゴい!「マルノウチ・スゴイタカイビル」「実際安い」「Wasshoi!」「古代ローマカラテ」といった超自然単語群が読者にニンジャリアリティショックを引き起こしてしまうのだ! ツイッターでついた火が、いま炎となる。走れ、ニンジャスレイヤー、走れ!

続きを読む

レビュー

4.2
41
5
15
4
21
3
5
2
0
1
0
レビュー投稿
  • ネタバレ
    2018/10/06Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2017/12/25Posted by ブクログ

    独特すぎる文体、時系列ではない物語の並び、当然のように出てくる「それなんなの?」な単語(特にニホンゴもどき)、などに慣れてくると楽しく読める。
    中毒になるか、受け付けないかのどちらかに分かれる人が多い...

    続きを読む
  • 2015/09/04Posted by ブクログ

    Webで読める作品を書籍化することで尚一層の広がりを見せるというのは企画の勝利だよなあ。登場人物ほとんどの全身画が描き下ろされているとか。それとヤモト=サンまじニンジャ。

もっと見る

セーフモード