東大首席弁護士が教える「ブレない」思考法 仕事に必要な「俯瞰力」の磨き方

著:山口真由

1,200円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

    東京大学法学部の3年次に司法試験、翌年には国家公務員I種に合格。在学中4年間を通じて“オール優”を取り、学部を首席で卒業。財務省勤務を経て、現在は弁護士として活躍中の山口真由さん。最近はテレビ番組のコメンテーターも務めます。これまで、いかにして膨大な情報を頭にインプットしてきたのか、その勉強法・記憶法について紹介した著書が大きな注目を集めました。本書では、仕入れた情報をどのようにとらえ、自分の考えとしてまとめ、それを伝えていくかといった、ビジネスの場に欠かせないアウトプット、パフォーマンスの要点を解説しています。勉強法と思考法で共通して重要なのは、まず全体を見通して把握したうえで、個々の情報を記憶・判断していくということ。その能力を「俯瞰力」と名付け、高所大所から物事を眺めて、自分の頭で考え、行動するためのコツをご紹介します。

    続きを読む

    レビュー

    3.4
    5
    5
    1
    4
    1
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/30Posted by ブクログ

      東大主席弁護士が教えるぶれない思考法

      山口真由

      ・仕事にやくだつ俯瞰力
      全体をよむ力

      自分正しく認識

      人から見た自分想像

      全体構造確認

      俯瞰でみえたものをアウトプットし俯瞰力いみもつ

      ...

      続きを読む
    • 2018/12/02Posted by ブクログ

      全体のバランスを考え、理解する力が人としても仕事人としても必須。
      自分を上から見るような高い視点と広い視野を、身に付け俯瞰力を磨く。

    • 2016/05/21Posted by ブクログ

      東大の首席で、在学中に国家一種と司法試験に合格した著者が社会人になり、今までの勉強方法は答えがある問題には解決できるが、仕事では通用しない事があり壁にぶつかった。
      そして仕事ができる人は俯瞰力があると...

      続きを読む
    開く

    セーフモード