玩具店の英雄~座間味くんの推理~

座間味くんの推理

石持浅海

605円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    津久井操は科学警察研究所の職員。実際に起きた事例をもとに、「警察は事件の発生を未然に防ぐことができるか」を研究している。難題を前に行き詰まった彼女に、大先輩の大迫警視正が紹介したのは、あの『月の扉』事件を解決した座間味くんだった。二人の警察官と酒と肴を前にして、座間味くんの超絶推理が繰り広げられ、事件の様相はまったく違うものになっていく!

    続きを読む
    提供開始日
    2015/03/27
    連載誌/レーベル
    光文社文庫
    出版社
    光文社
    ジャンル
    文芸
    • 座間味くんの推理 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      座間味くんの推理 全 2 巻

      1,210円(税込)
      12pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(21件)
    • 2016/02/25Posted by ブクログ

      座間味くんの推理第二弾。

      座間味くんと大迫警視正の飲みの席に、新たに科学警察研究所の津久井さんが加わり、彼女の研究テーマから実際に起きた事例について話すことに。
      解決済みの事件や裁判中の事件、様々な...

      続きを読む
    • 2021/02/21Posted by ブクログ

      猪突猛進型の女性特別機動隊の巡査、南谷結月は上司の勧めで大迫警視長と座間味君の飲み会に加わる事に。大迫警視長が過去の出来事を語ると、座間味君はそこに隠れた真相を掬い上げる。今回のテーマは「思慮」であろ...

      続きを読む
    • 2021/01/18Posted by ブクログ

      一話一話が短いのでさらっと読めてしまった。個人的にはかなり好き。
      シリーズということも知らずに読んでしまったので最初から読んでみようと思う。

    開く

    セーフモード