柳橋の弥平次捕物噺 : 1 影法師

藤井邦夫

572円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    柳橋の船宿『笹舟』の主で南町奉行所定廻りから岡っ引の手札を貰う弥平次は、行方知れずの亭主・清吉を捜しに常陸国水戸から江戸に出てきたおとよと知り合った。清吉の消息を追いはじめた弥平次たちだったが、その探索は難航し……。

    続きを読む
    • 柳橋の弥平次捕物噺 全 6 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      柳橋の弥平次捕物噺 全 6 巻

      3,377円(税込)
      33pt獲得

    レビュー

    • 2016/07/16Posted by ブクログ

      藤井邦夫 著 柳橋の弥平次捕物噺シリーズ№2「祝い酒」、2007.7刊行、2014.9双葉文庫発行です。思案橋、祝い酒、捨て子、入墨者の4話。弥平次親分が、同心の白縫半兵衛が、神崎和馬が、与力の秋山久...

      続きを読む
    • 2015/02/19Posted by ブクログ

      2015.02.19. 読了

      久しぶりに柳橋の弥平次捕物噺シリーズを読む。

      秋山久蔵さんやら和馬さんやら他のシリーズの人たちも登場するところが好き。
      第二話の道連れに鶴次郎さんが出てきた。
      まだ白...

      続きを読む
    • 2016/07/12Posted by ブクログ

      20160712 表のシリーズの隙間を埋めて、意外な展開で楽しめる。今回は半兵衛も参加。懐かしさに泣きそうになる。又、若手の成長物語にもなっていてその面でも楽しめる。誰がお糸と結ばれるのか?そんな事も...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001515378","price":"572"}]

    セーフモード