【最新刊】関東軍とは何だったのか 満洲支配の実像

関東軍とは何だったのか 満洲支配の実像

1冊

著者:小林英夫

2,750円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    関東軍の実態は、単なる軍団ではなく、その出発当初から政治や外交に深く関与し、本国の指針とは別に独自の判断で、満洲を運営していた政治軍団であった。彼らの特殊性と暴走を許した謎に迫る。【目次】序 章  関東軍とは何だったのか第一章  日露戦争と戦後処理問題第二章  関東軍の誕生第三章  満洲事変・満洲国と関東軍第四章  満洲国の再編と関東軍第五章  国境紛争の多発化第六章  ノモンハン事件と関東軍第七章  ホロンバイル平原を行く第八章  「関特演」とその後の関東軍第九章  関東軍壊滅第一〇章 敗戦とシベリア抑留終 章  政治集団と化した関東軍

    続きを読む
    提供開始日
    2015/03/25

    レビュー

    2
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/04/05Posted by ブクログ

      先日の石原完爾モノがあまりに石原完爾側からの視点、主張だったので心の秤のバランスを取るためにより広い視点からのモノをと手にしたのが本書。

      満州モノに興味が沸くのは、
      なぜ?あの大陸の大地に??
      日満...

      続きを読む

    セーフモード