【最新刊】なぜ、日本人の金融行動がこれから大きく変わるのか?

なぜ、日本人の金融行動がこれから大きく変わるのか?

著:宮本弘之 著:鳩宿潤二 著:久保田陽子

1,408円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    野村総合研究所が実施するNRI生活者1万人アンケートで判明した、日本人の金融行動のすべて。・拡大する相続マーケットは何と年間47兆円市場。・地方の親の都心の子どもへの相続効果は、毎年丸ごと一行、地銀が首都圏に移転するレベル。・ネットバンク利用者数は既に1800万人超。3年間で倍増。・個人金融資産1600兆円の6割はシニア層が持っている・住宅ローンの新規貸出額は年間20兆円超で、5割は30代男性が利用している。などなど、データが初めて明らかにする激変する日本人の金融行動。これから狙い目の有望セグメントはこれだ!1デジタルなシニア(成長セグメント) 年間70万人増加し、金融ポテンシャルはアナログなシニアの約2倍!2おひとりさま女性(成長セグメント) 2020年には1600万人の巨大マーケット。とくに相続で生まれるアナログなおひとりさま女性は超有望!3親リッチな若者(金融ポテンシャルが高いセグメント) 20~30代で金融資産1億円以上の若者は150万人。金融機関にとっての今後の「ブルーオーシャン」。4パワーカップル(金融ポテンシャルが高いセグメント) 一般共働き夫婦の5倍の金融資産を持つ世帯が100万世帯以上存在する!【主な内容】第1章 日本人の金融行動が変化する予兆第2章 日本人の金融サービス利用の特徴第3章 金融機関の選択構造第4章 リテール金融における今後の有望セグメント第5章 人間味あふれる金融サービスの可能性

    続きを読む
    提供開始日
    2015/03/25

    レビュー

    • 2015/05/30Posted by ブクログ

      新書のコストで読めていたらもっと満足。仰天の事実はないけれど、なんとなくそうじゃないかなーと思ってたこと、アンケートを裏付けに丁寧に方向性を提示。ここまでなにからなにまで書いちゃったら、マーケティング...

      続きを読む
    • 2016/05/09Posted by ブクログ

      金融関係の仕事に従事している私には、非常に参考になった本書。

      特にお金を預かる仕事では、ターゲットをどこに絞るのは重要。

      この著書から得る情報は主に、現在および今後の金融資産の流れ。
      なのでデータ...

      続きを読む

    セーフモード