柳沢吉保

江宮隆之

777円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    時代劇ではいつも、「将軍・綱吉に取り入り、善良な人々を苦しめる悪徳大名」とされてきた側用人・柳沢吉保。しかし彼は本当に悪い政治家だったのか? 本書はこの疑問を検証する。それと同時に、5代将軍・徳川綱吉や当時の元禄時代についても再検証する。教科書では、愚かな将軍・綱吉は犬に異常に執着して「生類憐れみの令」をつくり、民衆を苦しめたという。これも果たして本当のことだったのだろうか。綱吉の元禄時代とはまさに「経済の転換期」であった。武士は軍人から官僚への変身を求められ、さまざまな権力の争いが行なわれていた。その構造を理解することで、「なぜ柳沢吉保の悪名はでっち上げられたのか」が見えてくる。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード