【最新刊】福島「地理・地名・地図」の謎

「地理・地名・地図」の謎

12冊

石田明夫(監修)

704円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    明治19年まで、福島県は今より大きかった!? 地理・地名・地図から氷解する福島県の街・産業・歴史。もう一人の伊達政宗が福島にいて、喜多方ラーメンは最初は細麺で、いわき市には奇岩がたくさんあって…!? 「山形・新潟県境に挟まれた、幅1m、長さ7.5kmの福島県部分はなんのため?」「鶴ヶ城は競輪場の跡!?」「猪苗代湖 冬の氷の芸術の秘密」「『半田づけ』の由来は福島?」「アクアマリンふくしまの偉業とは」「汗かき地蔵とあんこ地蔵」「みしらず柿は食用じゃなかった」…などなど、福島県の地理や歴史、地図に隠された意外なエピソードの数々。知れば知るほど福島県のことが好きになる!

    続きを読む
    提供開始日
    2015/10/02
    連載誌/レーベル
    じっぴコンパクト新書

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード