未来をひらく 海洋温度差発電

著:上原春男

1,298円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    これで人類は、生きのびられる。「海水から電力をつくる」夢のような発電法。30年以上の年月をかけて著者が研究を重ねてきた、海洋温度差発電。それは、海の表層と深層の20~30℃の温度差を利用して発電するというもの。この方法の利点は、世界中のいたるところで発電施設がつくれることと、海の温度差があるところなら、半永久的に電力を生み出し続けること。さらに、発電のみならず、汲み上げた深層海洋水からミネラルウォーターをつくったり、水素を取り出して燃料電池の原料にしたり、また豊かな漁場をつくり出したりもできます。つまり、エネルギー問題、食糧問題、水問題が一挙に解決できるというわけです。まさに、地球を根本からケアすることができる新技術だといえるでしょう。本書では、たんに海洋温度差発電についての解説だけでなく、エネルギーと文明とは何か、という根本から解説します。子どものための環境教育にも最適な一冊です。

    続きを読む

    レビュー

    2.5
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/04/27Posted by ブクログ

      2013年4月27日

      ブックデザイン/櫻井浩+三瓶可南子(⑥design)
      イラスト/小峰俊明、五味健悟、桝村太一
      COVER PHOTO/ORION(amana)

    • ネタバレ
      2011/10/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード