りゆうがあります

著:ヨシタケシンスケ

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。『りんごかもしれない』で大人気のヨシタケシンスケがおくる、親子で笑えるユーモア絵本! ぼくは、ハナをほじるクセがある。おかあさんにいつもおこられる。りゆうは、「おぎょうぎがわるいから」だって。ぼくもなにかりゆうがほしい。ちゃんとしたりゆうがあれば、ハナをほじってもいいんじゃないだろうか。ぼくがハナをほじるりゆう。それは、ぼくのハナのおくにはスイッチがついていて、このスイッチをたくさんおすと、あたまから「ウキウキビーム」がでるんだ。このビームは、みんなを楽しい気持ちにすることができるんだよ。ツメをかんじゃうのは、ツメをくわえて、大人にはきこえない音をだしているんだ。この音は、ゴミすてばのカラスをおいはらうことができるんだよ。びんぼうゆすりをしちゃうのは、モグラたちに、今日あったできごとを「モグラ語」で教えてあげてるの。子どもたちがついやってしまうクセ、それには、「りゆう」があるんです。

    続きを読む

    レビュー

    4.1
    38
    5
    16
    4
    15
    3
    5
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/05/05Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/10/08Posted by ブクログ

      噂通りの面白さ。しょうもない言い訳をどーんと広げるスケールと、呆れながらも否定しないお母さんが素敵。

    • ネタバレ
      2018/08/02Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード