【最新刊】ザ・ファブル 19巻

第41回「講談社漫画賞」受賞!『ナニワトモアレ』の南勝久が2014年より「週刊ヤングマガジン」にて連載開始。2019年6月実写映画化。”プロの殺し屋”に宣告された”1年間の休業生活”とは!?

ザ・ファブル

19冊

南勝久

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

ファブルと同じ殺し屋組織の怪人幹部・山岡による、”殺戮の遊戯”が巻き起こる中、ついに無敵のファブル兄さんvs.凄腕の殺し屋アザミが大激突ッ!! そして恐怖なき戦慄の男・山岡は、いかなる行動に出るのか、、、。さらに囚われのヨウコ&ミサキの運命は、、、。風雲急を告げる”殺しのアジト”にて、大反撃の狼煙が立ち昇る、、、。乞うご期待ッ!!!!!!!

続きを読む
ページ数
209ページ
提供開始日
2019/09/06
連載誌/レーベル
ヤングマガジン
出版社
講談社
ジャンル
青年マンガ
  • ザ・ファブル 全 19 巻

    未購入巻をまとめて購入

    ザ・ファブル 全 19 巻

    12,540円(税込)
    125pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4.3
31
5
18
4
7
3
6
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/10/18Posted by ブクログ

    無敵の殺し屋 佐藤兄妹の殺さずの大阪生活も新章へ。
    年越し!凧揚げ!コマ回し!そんな平和な日常の裏側に不穏な気配。
    次巻あたりから嵐の予感。
    佐藤兄さんの純粋で自然体な感じが好きだなあ。平常心の極地と...

    続きを読む
  • 2019/10/17Posted by ブクログ

    山岡が怖すぎて鳥肌が立つ。
    前巻から続く日常に不穏な影が差してくる感じにゾクゾクする。
    殺し屋たちの物語という非日常を日常として見せてくれるリアリティ、人間くささ。それが楽しくもあり、緊張感を生む毒に...

    続きを読む
  • 2019/10/16Posted by ブクログ

    佐藤と海老原の会話の味わい深さよ!
    仕事になった場合、自分が佐藤に殺されるであろうことも含めて、佐藤のことを認めてる懐の深さ。
    後半は河合くんとヨウコの対決で爆笑!マスターの脳内実況が面白すぎる!

開く

セーフモード