下鴨アンティーク 回転木馬とレモンパイ

白川紺子/井上のきあ

627円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「持ち主が愛していた物は、不思議なことを起こすものだ」京都、下鴨――。高校三年の鹿乃は、ぐうたらな兄と、近くの大学で准教授をしている下宿人の慧と三人暮らし。亡き祖母からアンティーク着物を譲り受け、同時に、蔵にある“いわくつき”の着物の管理も引き継いだ。鹿乃は、まわりの人びとに強力してもらいながら、着物の秘密と謎をひもといていく。長い時を重ねた物に宿る、持ち主たちの想いや願いとは――。四編収録。

    続きを読む
    • 下鴨アンティーク 全 8 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      下鴨アンティーク 全 8 巻

      4,730円(税込)
      47pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(50件)
    • 2015/06/30Posted by ブクログ

      集英社オレンジ文庫が創刊されて最初に買ったこのシリーズ。本当に好きだ。本の中の世界にぴったりと寄り添った装丁も含めて。このシリーズはこのまま、何ひとつ変わらずに続いてほしい。

      ひとつひとつの物語も丁...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2015/06/28Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2015/07/15Posted by ブクログ

      ほんのり不思議もありつつ、メインは人間の想いを後世に伝えていく――そんな優しい作品。「亡き乙女のためのパヴァーヌ」は読んでて苦しくなった。ではなぜ、京都に空襲はなかった……と、そうなってしまったのだろ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード