【最新刊】蟲籠のブルース

蟲籠のブルース
1冊

著:末永直海

378円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

    あたしはセックスでできてるお人形なんかじゃない あたしは水晶(みあき)。16歳のAV女優。嫌われ者の芋虫が、日本のゴダールと豪語する哀しいペテン師・大沢監督の手で、美しい蝶になり世間に羽ばたき出した。だけど恋人・達也は言う。裸のおまえには中途な恋愛感情しか湧かない、レンアイカ……の先の『ンジョウ』が見えないと。最後の『ンジョウ』を手に入れるためにあたしは……。「電子版あとがき」を収録。●末永直海(すえなが・なおみ)1962年福岡県北九州市に生まれる。漫画家小林よしのりの秘書、ホステス、旅回り演歌歌手など数多くの職歴を経て、1996年デビュー作となる「薔薇の鬼ごっこ」で第三回蓮如賞優秀賞を受賞。2002年「百円シンガー極楽天使」が文化庁の主催する海外輸出小説、昭和~平成の優れた日本文学27作品に選出され、アメリカ、イギリス、ロシアで翻訳刊行される。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/03/20
    出版社
    アドレナライズ
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード