【最新刊】新史 太閤記(上下) 合本版

新史 太閤記

司馬遼太郎

1,694円(税込)

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください。

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本史上、もっとも巧みに人の心を捉えた“人蕩し”の天才、豊臣秀吉。生れながらの猿面を人間的魅力に転じ、見事な演出力で次々に名将たちを統合し、ついに日本六十余州を制覇した英雄の生涯を描く歴史長編。古来、幾多の人々に読みつがれ、日本人の夢とロマンを育んできた物語を、冷徹な史眼と新鮮な感覚によって今日の社会に甦らせたもっとも現代的な太閤記である。 ※当電子版は『新史 太閤記』(上)(下)の全二巻をまとめた合本版です。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/03/20
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    歴史・時代
    • 新史 太閤記 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      新史 太閤記 全 2 巻

      1,694円(税込)
      16pt獲得

    レビュー

    • 2011/03/20Posted by ブクログ

      言うまでもなく、戦国期にジャパニーズドリームを達成した豊臣秀吉を描いた小説である。下層階級の貧窮庶民から日本一の権力者にまで這い上がった例は秀吉をおいて他は知らない。私が好きな戦国武将の一人である。本...

      続きを読む
    • 2009/03/23Posted by ブクログ

      本能寺があったり中国大返しあったり山崎あったり賤ヶ岳あったり小牧・長久手があったりと秀吉大活躍の時代がまさに下巻の内容でした。
      信長が死んだ時は本当に悲しかったんだろうなと思いつつも、そこでやっぱ天下...

      続きを読む
    • 2011/02/05Posted by ブクログ

      受験生の時に、日本史の勉強になればと思って手に取った一冊。
      でも受験勉強が忙しくて、読み始めたのは結局受験が終わってから。
      この作品が初めての司馬遼太郎作品でしたが、痛快な英雄の描き方がとても面白くて...

      続きを読む
    開く

    セーフモード