ヤマケイ新書 唱歌「ふるさと」の生態学~ウサギはなぜいなくなったのか?

著:高槻成紀

704円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    今こそ見直したい「うさぎ追いし…」の世界。里山の変容を、唱歌「ふるさと」の歌詞から読み解く。日本人なら誰もが知っている「ウサギ追いしかの山」で歌われつづけてきたウサギはなぜいなくなってしまったのか?唱歌「ふるさと」を通して、日本の昔日の故郷(里山)の姿とその変容を生態学の視点から読み解き、現代との比較を通じて、失われた日本の自然と文化を再考します。1章 「故郷」を読み解く2章 ウサギ追いし―里山の変化1ウサギの思い出 2茅場―ウサギのすむ場所 3かつての里山 4変貌した里山 5里山のもうひとつの変化―都市化に呑み込まれる里山3章 小ブナ釣りし―水の変化1小ブナ釣りし―故郷の川 2川の変化 3もうひとつの脅威―農薬 4さらなる脅威―外来生物 5水は清き4章 山は青き―森林の変化1林業と社会 2林学と林業―四手井氏による 3森林伐採と森林の変化5章 いかにいます父母―社会の変化1人々への思い 2社会の変化 3志を果たして6章 東日本大震災と故郷1東北の里山を訪ねて 2東北の動物たちに起きたこと 3原発事故から考える日本の里山の将来7章 「故郷」という歌8章 「故郷」から考える現代日本社会1「故郷」と社会 2「故郷」に見る日本人の自然観著名な生態学者が語る、里山の過去と現在。そしてこれから…

    続きを読む

    レビュー

    • 2018/09/18Posted by ブクログ

      「 ふるさと」の歌詞の描写に生態学者がガチでレスする感じ。真面目にふざけている感じが大好き。「うさぎ追いし」とは?現代人にはなぜ馴染まないのかを徹底追及。「小鮒釣りし」を徹底追及。子ども時代?なんなら...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001508776","price":"704"}]

    セーフモード