余った傘はありません

著:鳥居みゆき

606円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    よしえとときえは四月一日生まれの双子の姉妹。二人には絶対に知られてはいけない秘密がある――。交換日誌をした小学校の担任、はじめて心をゆるした大学の先輩、結婚したかったのにできなかったあの人……。死を直前にして語られる交錯した人々の思い出。愛の刹那と人生の偶然。鮮烈な言葉と不意打ちの笑いが織りなす魅惑の連作長編。

    続きを読む

    レビュー

    • 2018/11/14Posted by ブクログ

      2018年、28冊目は、鳥居みゆき!!

      四月一日生まれの一卵性双生児、よしえと、ときえ。その家族と周りの人々のエピソードを時系列を前後しながら綴った連作長編。

      実は、鳥居みゆきの処女作、『夜にはず...

      続きを読む
    • 2016/07/29Posted by ブクログ

      予想以上に凄い話だった。レッドカーペット芸人をディスっているところとかよりも、普通に話が熱くて良かった。こういう形式の小説ってなんていうんだっけ。人物再登場じゃなくて……オムニバス形式じゃなくて……。...

      続きを読む
    • 2018/01/04Posted by ブクログ

       鳥居みゆきの芸風が割と好きだったので、「どんな小説を書くのだろう」という興味から購入。
       きちんと伏線を張ったり、ちょっとした仕掛けを施したり、思った以上に面白かった。
      「なんとなく他で見たことが...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001508734","price":"606"}]

    セーフモード