もんなか紋三捕物帳 守銭奴

著:井川香四郎

726円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    門前仲町の十手持ち紋三は、巷(ちまた)を騒がせている盗賊の件で、品川宿の半次親分に会いに行った。その帰り道、高輪で激しい驟雨(しゅうう)に降られ、居酒屋の軒先で雨宿りしていると、店の女将に誘われ、食事をしていくことに。出された鮨(すし)の味付けから、十五年前に紋三の地元にあった鮨屋と、ある事件を思い起こさせた。十八人の子分たちとともに、江戸の治安に目を光らせる紋三の活躍を描いた四篇! 大江戸痛快捕物帳。

    続きを読む
    • もんなか紋三捕物帳 全 6 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      もんなか紋三捕物帳 全 6 巻

      4,246円(税込)
      42pt獲得

    レビュー

    • 2018/11/03Posted by ブクログ

      このシリーズは出版社横断で一人のヒーローを追うわけだが、作者の他の洗い屋シリーズまで乱入してきた
      この手の一同に会する話は双方の顔を立てる必要があるから大変だろうね

      図書館から同時に2冊借りたのは何...

      続きを読む
    • 2016/11/27Posted by ブクログ

      第四弾
      人の生き方の裏に住む商売?
      紋三とと子分たちの活躍?
      どうも、紋三も大岡奉行も事件の背後は分かっている?
      白日に曝け出すために色々なことを!

    • 2016/11/27Posted by ブクログ

      良く分からないが五社共同企画の第一弾
      短編四話構成、あまり読みごたえなし、何か背後に事件解決の糸口が?
      読んでいてあまり面白くない

    開く
    [{"item_id":"A001813872","price":"726"}]

    セーフモード