もんなか紋三捕物帳

著:井川香四郎

693円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    湯島天神下に住む桶師の鬼三郎には、法で裁けない奴らを懲らしめている裏の顔がある。ある日、訪ねてきた旗本から、素行の悪い男を葬ってほしいと頼まれた。しかし相手は、南町奉行の大岡越前守に朱房の十手を与えられた岡っ引の紋三(もんぞう)。十八人の子分を持ち、大江戸八百八町のあちこちで、悪い奴らをとっ捕まえようと目を光らせている。総じて評判の良い男だった。大江戸痛快捕物帳、出版各社合同企画でスタート!

    続きを読む
    • もんなか紋三捕物帳 全 6 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      もんなか紋三捕物帳 全 6 巻

      4,246円(税込)
      42pt獲得

    レビュー

    • 2018/11/03Posted by ブクログ

      このシリーズは出版社横断で一人のヒーローを追うわけだが、作者の他の洗い屋シリーズまで乱入してきた
      この手の一同に会する話は双方の顔を立てる必要があるから大変だろうね

      図書館から同時に2冊借りたのは何...

      続きを読む
    • 2016/11/27Posted by ブクログ

      第四弾
      人の生き方の裏に住む商売?
      紋三とと子分たちの活躍?
      どうも、紋三も大岡奉行も事件の背後は分かっている?
      白日に曝け出すために色々なことを!

    • 2016/11/27Posted by ブクログ

      良く分からないが五社共同企画の第一弾
      短編四話構成、あまり読みごたえなし、何か背後に事件解決の糸口が?
      読んでいてあまり面白くない

    開く
    [{"item_id":"A001508691","price":"693"}]

    セーフモード