【最新刊】「北と南」をつなぐ アリランとは何か(小学館文庫)

「北と南」をつなぐ アリランとは何か(小学館文庫)

1冊

著:宮塚利雄

517円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    アリランは朝鮮民族のこころの歌だ。労働歌であり、喜びの歌であり、抵抗の歌である。人々はアリランのメロディーに託して、愛を唄い、望郷の思いを唄い、老いの悲しみを唄う。アリランの起源は? 1926年に朝鮮で制作された映画『アリラン』にはどのような意味が込められていたか? 昭和初期の日本でアリランが流行ったのは何故か?豊かな表情を持つアリランの歌の数々を紹介しつつ、北や南の区別なく愛されている“アリラン”の謎に迫る。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/03/13

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/05/23Posted by ブクログ

      アリランについて知りたくて読書。

      アリランはどちらかと言うと北朝鮮のイメージが強いが、朝鮮半島を代表する共有的な心だと分かる。それにしても、驚くほど綿密に調査し、取材している。

      北朝鮮と韓国が共有...

      続きを読む

    セーフモード