七夕の国 3巻

岩明均

605円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    頼之もまた「手がとどく者」。高志を知っており、なぜかナン丸を消そうとした…! そして頼之が高志やナン丸の前から姿を消した後、次々と起こる怪事件。人間が消え、セスナが消え、船が消え、ビルが消え…巨大な屋敷ごと政治家が消え…。頼之の仕業と思しいものの、その意図は誰もが計りかねていた。いっぽう、教授が研究していた「丸神の里の七夕」についての解明を進める丸神ゼミ生たちは、不可解な真実に行き当たっていた――!!

    続きを読む
    • 七夕の国 全 4 巻

      未購入巻をまとめて購入

      七夕の国 全 4 巻

      2,420円(税込)
      24pt獲得

    レビュー

    4
    3
    5
    1
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/01/30Posted by ブクログ

      丸神頼之の暴走は止まらない

      「毎年の祭りのスケジュールと旗については逆である」ってほんとどういう意味だろう

    • 2012/03/22Posted by ブクログ

      頼之氏はやっぱり規模が違うなぁ。ビルが抉られるって…こわ。高志の行動も不審だ。
      丸神先生からの手紙の謎も残る。

    • 2011/11/29Posted by ブクログ

      『寄生獣』で一世を風靡した岩明先生の作品。構成がしっかりと練られていて、最初から最後まで物語を形作ってから執筆された印象(これは後の『ヒストリエ』でもっと炸裂)を受ける名著。伏線がどんどん回収されてい...

      続きを読む
    開く

    セーフモード