七夕の国 1巻

岩明均

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

ちょっとした超能力が使えるのが取り柄の南丸こと、ナン丸はある日、知り合いでもない民俗学の教授・丸神から呼び出しを受けた。だが丸神は調査のため「丸神の里」へ行ったきりで戻っておらず、残された研究生からは「教授とナン丸は、同じルーツを持つらしい」と告げられ、心当たりを尋ねられた。だが何も知らない――。いっぽう「丸神の里」東北の丸川町では、殺害方法のわからない猟奇事件が起きた。失踪した丸神教授の研究内容と足取りを追って、丸神ゼミとナン丸は「丸神の里へ」おもむくが…。

続きを読む
  • 七夕の国 全 4 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    七夕の国 全 4 巻

    2,420円(税込)
    24pt獲得

レビュー

3.9
28
5
10
4
10
3
5
2
3
1
0
レビュー投稿
  • 2016/12/31tentenmover
    小さな超能力から壮大な物語へ

    始まりは些細な(?)超能力を持つ少年の話だが、その超能力の正体やら同様の超能力を持つ人々の秘密やらどんどん話が広がり、最後には壮大なSF的展開に。
    全4巻と短い作品だが、岩明均氏のストーリーテラーぶり...

    続きを読む
  • 2010/02/24Posted by ブクログ

    血縁としての「血」
    ~族…として生まれ、外界との接触を避け習わしに従い、血縁に縛られ続け自分をも縛る者、
    逆に血縁に嫌気が刺し、外界へ赴き 自分を破綻へ導く者
    さらに 血縁には囚われず 自分の正しいと...

    続きを読む
  • 2011/11/29Posted by ブクログ

    『寄生獣』で一世を風靡した岩明先生の作品。構成がしっかりと練られていて、最初から最後まで物語を形作ってから執筆された印象(これは後の『ヒストリエ』でもっと炸裂)を受ける名著。伏線がどんどん回収されてい...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A001508180","price":"605"}]

セーフモード