【最新刊】わたしの橘曙覧論と平成独楽吟

わたしの橘曙覧論と平成独楽吟
1冊

編:福井市

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    福井に生きた幕末の歌人、橘曙覧が「たのしみは~とき」の形で詠んだ「独楽吟」。福井市では、貧しさの中にあっても心豊かに生きていた橘曙覧の世界に学び、生活の中で感じた身近な楽しみを詠んだ歌を「平成独楽吟」として募集しています。NHK福井放送局で開かれた地元研究者による「市民講座」5回分と第1回「平成独楽吟」の入賞、入選作を掲載。市民講座は曙覧の人柄や生き方、松平春嶽との人間関係などをテーマに語りの文体で採録したもので橘曙覧を深く知ることができます。20年前に福井県内ベストセラーとなった同名書籍(平成8年発行)をリフロー型電子書籍として復刻。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/03/13
    出版社
    福井新聞社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード