【最新刊】銀の瞳の令嬢と海を越えて

銀の瞳の令嬢と海を越えて

著:ロレイン・ヒース 翻訳:旦紀子

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    トリスタンは公爵の次男として生まれながら、14歳のときにすべてを失った。それ以来、海に生き船長にまでなった彼は、もはや自分のことを貴族だとは思っていなかった。ある日、トリスタンのもとを伯爵令嬢アンが訪れ、4年前にクリミアへ出征した婚約者に会いに行くために船を出してほしいと頼む。一度見たら決して忘れられないアンの銀の瞳にトリスタンは心を奪われる。それは悲劇を見てきた瞳だった。トリスタンは船賃はいらないと断るが、船を出すのにひとつだけ条件を出す。それは、航海の途中でただ一度だけキスをさせるというもの。急がない、ゆったりした長いキスを……。憤慨したものの、結局その条件を受け入れたアン。ふたりの旅路の果てに待つものは――

    続きを読む
    提供開始日
    2015/03/13
    出版社
    竹書房/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • ネタバレ
      2016/05/26Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2015/02/19Posted by ブクログ

      ペンブルック兄弟シリーズⅡ。ヒーローは前作の双子の弟。ヒロインは婚約者の喪にふくす伯爵令嬢。亡き婚約者の眠る場所への移動に船長ヒーローを雇うところから始まる。この航海、どれぐらいの旅かわかんないんだけ...

      続きを読む

    セーフモード