【最新刊】炎の一夜が授けた命 【ホテル・チャッツフィールド IV】

炎の一夜が授けた命

1冊

シャンテル・ショー 翻訳:山本翔子

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    荒れ果てた屋敷に住む億万長者は、訪問者をとりこにする美しき野獣だった。 ニコロ・チャッツフィールドをホテル経営に協力させろですって? CEOである上司の無謀な命令に、秘書のソフィーは頭を抱えた。隠遁中のニコロを訪ねて説得を試みるが、案の定、追い返されてしまう。だがあるきっかけで彼の信頼を得た彼女は一転、屋敷へ滞在することに。その日の夜遅くだった。恐ろしげなうなり声をソフィーが耳にしたのは。もしかして……ニコロの身に何かあったの? 思わず彼の寝室に飛び込んだ彼女の目に、衝撃的な光景が映った。火傷の痕に覆われた半身を露わにしたニコロが悪夢にうなされている! 彼には何か重大な秘密があるのだろう。ソフィーの胸がなぜか痛んだ。やがてその痛みは、ニコロへの切ない情熱へと変わっていき……。 ■〈ホテル・チャッツフィールド〉の第4話をお贈りします。チャッツフィールド家の御曹司ニコロと秘書のソフィー。過去の秘密を共有したふたりが一夜をともにしたあと、ソフィーのお腹には奇跡が宿って……。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/03/26

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/05/09Posted by ブクログ

      チャッツフィールド家のホテル事業立て直しと問題児の相手を任されたCEOクリストスや父によって、ロマンスが芽生え改心する、ハーレクイン作家の連作、4作目。
      恐ろしい火事の体験と拭いきれない罪悪感から、心...

      続きを読む
    • 2015/03/26Posted by ブクログ

      〈ホテル・チャッツフィールド〉の第4話をお贈りします。チャッツフィールド家の御曹司ニコロと秘書のソフィー。過去の秘密を共有したふたりが一夜をともにしたあと、ソフィーのお腹には奇跡が宿って……。

    セーフモード